料金体系改訂のお知らせ

アドスミスジャパンの田中です。
2017年4月3日(月)より、料金体系を改訂させていただくこととしました。
値上げ、値下げということではなく、
最近のニーズに合わせて体系そのものを見直すと同時に、
新しいプランも用意いたします。

なお、3月末までの見積書(見積シミュレーター含む)については、
新体系のほうが安くなる場合は新料金を適用、
新体系のほうが高くなる場合は見積書をそのまま有効とさせていただきます。

つきましては、4月1日(土)〜4月3日(月)は、
見積もりシミュレーター他、料金表示のページにアクセスできない場合がありますので、
ご了承のほどお願いいたします。

会社案内4ページ+台紙2種類

本日は4ページの会社案内パンフレットと、台紙2種類が納品となりました。
建築関係の会社さんです。


表紙は、ほぼ全面、アイリッシュグリーンのべた塗りです。
こうした濃い色を広い範囲で印刷する場合、
「表面加工」を行うのが一般的です。
今回は、ニス引きとスジ入れという加工をオプションで施しています。
ニス引きというのは、CMYKのカラー印刷が終わった後に、
全面に透明のインクを印刷してカバーする加工です。
グロス(光沢)、マット(つや消し)の2種類があります。

スジ入れのほうは、二つ折りをする折り目に予め機械で折り目をプレスしておく加工です。
ケーキを買うとき、店員さんが手早く箱を組み立てていますが、
ああいう組立箱の折り目のようなものです。
スジを入れておくことによって、折り目のひび割れが目立たなくなりますので、
折り目部分に濃い色を使っている時にお勧めです。

また、ニス以外ではラミネート貼りという方法もあり、
こちらはご存じのように、透明な合成材(ポリプロピレン)を紙の表面に圧着させる加工です。


台紙のほうは2種類あって、一つは会社概要用、もう一つが施工実績用です。
予めデザインされた台紙に、お客様が社内でプリンター刷りし、
最新の情報を盛り込むためのものです。
頻繁に変更が生じる情報を会社案内本体から分離することにより、
会社案内自体の寿命を延ばすという利点があります。
会社案内は使うけれども、数量はさほど多くない、という場合に有効です。

A4ぺらカタログ

本日は、工業製品のカタログ2種類が納品となりました。
当社の創業年から15年以上のお付き合いとなるクライアントさんです。

製品は、めっき加工を施す際の電極なのですが、
今回はいつも以上にリキを入れた制作でした。
オモテ面の製品写真は、
このためにわざわざ製作していただいたもの。
それを当社にて撮影しました。

カメラマンはいつものように社長の田中です。
(今、考えると、撮影風景も撮影しておけば良かった)
「いやー、黒いモノは撮りにくいなー」と言いながら、
半日ほど悪戦苦闘していました。

そしてオモテ面のデザインも、
スペースを十分に取ることができ、
おしゃれで、さわやかなイメージで仕上がりました。

入社案内パンフレット8ページ

こちらも新規のクライアント様で、人材採用目的の入社案内パンフレットを制作しました。
最近、「情報システム」+「求人用パンフレット」+「新規クライアント」という仕事が増えているような気がします。

今回も打ち合わせや取材、撮影で何回かお邪魔しましたが、
本社が西新宿の超高層ビルの25階にあり、
なんと晴れた日には会議室の窓から富士山がはっきりと見えました。

入社案内パンフレット二つ折り

本日は、新規のクライアント様の入社案内パンフレットが納品となりました。
IT・情報システム関連のお客様です。
最近は、採用強化のためにリクルート用のパンフレットを外部制作する企業さんが増えました。

当社の社長は若かりし頃から、
リクルート社の外部ライターを10数年にわたってやっていたため、割と採用市場の経験値が高いのです。
先輩メッセージのインタビューで最もたくさん会っている職種は、
おそらくシステムエンジニアさんとのことです。
また、一番面白かった職種は警察の巡査と鑑識と刑事だそうです。

二つ折りパンフレット+リーフレット

新規クライアント様の、会社案内およびサービス案内を納品しました。
ソーラーパネルを扱うクライアント様で、3月に出展する展示会イベントで配布するために、
今まで社内で作成していたものを外注いただきました。

すべてお任せということで、企画・デザイン・文章・写真撮影まで、
すべて当社スタッフで行っています。

当社では、イベントや展示会で配布するパンフレットやリーフレット、また、パネル・ポスターなども取り扱っています。
お困りのことがあれば、ぜひご相談ください。

カタログ40ページ

40ページのカタログが納品となりました。
なんと当社設立の2000年よりご発注いただいているそうです。
何でも最初は20ページだったものが、
24ページになり、28ページになり、
と少しずつ増えて今では40ページになったそうです。

会社案内8ページポケット付き

会社案内8ページの訂正増刷が納品となりました。
最後のページ(印刷用語的には、表3=ひょうさん と呼びます)にポケットがついていて、
A4のぺらものを差し込むようになっています。

大手系列の企業などは、役員や組織の変更が頻繁にありますので、
ぺらに会社概要を刷り込んで、
半期なり、四半期なりで訂正増刷していくほうが、
印刷の発注も楽ですし、コストの面でもメリットがあります。
(問題は、ぺらの差し替え作業を誰がやるかですが…)

japan

japan2

会報誌

夏、冬、年2回発行の、ゴルフ倶楽部の会報が納品となりました。

夏の号が完成すると、夏休み、
冬の号が完成すると、年末年始休暇、
ということで、お休み前の一踏ん張りのお仕事です。