会社パンフレット作成、カタログ、ホームページ制作

編集制作プロダクション・アドスミスジャパン(田中彰)
TEL
そうだ!インターネットでなにかできるんじゃないか?

はじめっから、マルチクリエイター

 これも当社ではきわめてフツーのことなのですが、デザイナーがプロ用のカメラで表紙のビジュアルを撮影してます。「Will(〜したい)」という積極姿勢を大切に考えていて、興味があるなら専門以外の仕事にもどんどん首を突っ込む風土があります。グラフィックを専門とするデザイナーがウェブを創ってみたり、アシスタントがモデルをやってみたり、というのはごくごく当たり前。おかげで社内はマルチクリエイターの集合体。名刺の職種名をなんと入れたらよいのやら、いつも悩みます。

という前置きの後に、当社の職種の紹介です。

■デザイナー(グラフィック、ウェブ)

主にパンフレットやホームページのデザインを担当するスタッフです。社内では「デザイナー」という大きいくくりになっていて、グラフィックかウェブかという細かい分け方はしていません。専門はグラフィックで、ウェブもある程度は創る、あるいはその逆のイメージで仕事をこなしています。また、ウェブに関していいますと、当社ではウェブデザインとコーディングは別のモノと考えていて、基本コーディングは別の人間が担当します。ですので、入社時点ではDreamweaverなどのツールを知らなくてOKです。むしろ新しいデザインを創るセンスや能力を重視しています。

■営業企画

ウェブサイト、広告物などからコンタクトいただいたお客様に対して、当社サービスの紹介、見積作成、受注、プラン提案などを行う仕事です。いわゆるテレアポや飛び込み訪問のような新規開拓ではなく、既存のお客様、新たにお問い合わせいただいたお客様に対する「コンサルティングセールス」になります。また、お客様が求めている目的・成果に対して、予算や方向性から見たプロジェクトのプラニング、その後の進行管理なども大切な仕事になります。営業、企画それぞれ半々ぐらいのイメージです。将来は、デザイナーやライター、ディレクターを目指します。

■制作アシスタント

企画制作をはじめとする会社業務全般の補助、雑用を担当します。ディレクターやデザイナーがしてほしいことを察知して適切にサポートできるような、「フォロワーシップ」が発揮できる仕事です。今すぐにはデザイナーやディレクターをやる自信がないという人は、ここから始めましょう。

←前へ | 次へ→