アドスミスジャパンロゴ

制作ディレクターの取り留めのない話

きちんと打ち合わせ&ヒアリングした上で制作します。

ヒアリングイメージ写真まずお客様のことを知るために、資料からは汲み取れない企業イメージをつかむために、可能な限りヒアリングをさせていただいています。会話の中からたまたま出てきた言葉がキャッチフレーズになったこともあります。十を知って一を書く、そのぐらいの気持ちで制作に臨みます。当社の創業者は元ライター。どこへでも取材に行って情報を得る精神は今も生き続けています。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

人数は少ないけれど、社内制作率が高いんです。

商品写真スタジオ撮影風景当社の制作方針のもう一つの特長、それは外注比率が低いことにあります。企画、デザイン、コピーライティング(文章作成)、撮影まで、基本的に社内のスタッフが担当いたします。とくにコピーライターやカメラマンなど、通常は外注スタッフをアサインする部分も、社内スタッフが担当しますので、方針やコンセプトに「ぶれ」がありません。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

カタログ、リクルート案内など、「企業対企業」のパンフレットやホームページ」を制作

パンフレットイメージ写真ビジネスの定番でもある「会社案内」から、商品やサービスを紹介する「カタログ」、営業ツールとして使われる「サービス案内」、人材採用のための「リクルート案内」、見積書や提案書などを入れるポケット付きフォルダー(業界用語では「タトウ」と言います)、そのほかリーフレットも得意です。また、電子媒体では、企業ホームページ、サイト掲載用のPDFデザイン、プレゼン資料用・企業説明会用のOffice パワーポイントファイル作成まで、種類は問わずいろいろなメディアに対応いたします。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

企画からデザイン、コピー制作(文章原稿の執筆)、写真撮影、イラスト、印刷まで

ミーティングイメージ写真お手伝いする範囲も幅が広く、ものづくりに関するあらゆるプロセスに対応します。内容や形態の企画構成・プランニングにはじまり、デザイン(グラフィック、ウェブ)、取材・ヒアリングからの文章原稿執筆、写真撮影、イラスト、各言語への翻訳、印刷まで。撮影については、カタログに掲載する商品・製品の写真から、企業パンフレット用のポートレートや社屋外観、リクルート用の仕事風景などまで、オールラウンドに対応します。またホームページ公開のためのサーバーホスティングやドメイン取得、SEO対策についても最適な環境・ツールをご提案します。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの独り言

ポスター、パネル、ダイレクトメール、マニュアルなどもお問い合わせください。

ホームページ制作イメージ写真当社では「大量生産的な流れ作業」は廃しており、1つ1つの案件ごとにヒアリングを行い、アイデアを出し、デザイン等のコンテンツをつくりあげていきます。クライアントとのおつきあいでも、長期的な視点でのパートナーシップを重視しており、1社のクライアントに対し、さまざま分野の制作物を提供してきました。封筒やレターヘッド、ポスター、パネル、スタンドバナー、タペストリー、パッケージ、ダイレクトメールなども守備範囲ですし、オリジナルのバインダー、商品やサービスのマニュアルなどでも実績を築いています。そのほか、デザインやコピー制作が伴わない、印刷だけのお仕事も喜んでお請けしています。便利で役に立つ「お客様の制作部」としてビジネスをサポートいたしますので、パンフレットやホームページ、クリエイティブ、印刷などに関することは何なりとご相談ください。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

クライアントダイレクトのプロダクションとして15年

プレゼンテーションイメージ写真アドスミスの前身「タナカプランニング」がインターネットを介してパンフレットやホームページのビジネスを始めたのは1999年のこと。まだまだ「ホームページって何?」「インターネットやってる?」なんて会話が成り立っている時代でした。最初は本当に受注をいただけるのか半信半疑でしたが、とりあえずホームページを公開してみると、ソフトウエアハウスさんや法律事務所さんなどからたくさんのお問い合わせをいただくことになり、翌年には法人企業として本格的なスタートを切りました。「自分の好きなものを創造する“アーティスト”ではなく、クライアントの事業の支援ができる“クリエイター”でありたい」というコンセプトは当時から貫いており、今年で15年目、「中小企業へのビジネスサポート」という考え方は変わることがありません。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

パンフレット&ホームページの同時制作も

クロスメディア同時制作パンフレットとウェブサイトを同じイメージで作りたいというご要望をよく伺います。パンフレット用に撮影した写真やコピー(文章)をそのままホームページに使用できますし、別々の制作業者と打ち合わせをする必要もありませんので、何かとメリットも大きくなります。そして何より、版権や作業効率などを考えますと、費用の面でお得です。当社では、プリンティングメディアとホームページの同時制作が可能ですので、ワンストップで安心してお任せいただけます。ちょっとしたコツとしましては、完全に双方を同時進行してしまいますと、チェックする内容量も2倍になりますので、どちらかを先行させて、「用語」「言い回し」「写真」などコンテンツの細部を確定させて、片方は後から追いかけるぐらいのスケジュールにしたほうが内容確認作業がスムーズです。印刷工程が1〜2週間かかりますので、どちらかといえば印刷メディアを先行させたほうが効果的でしょう。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

「クリエイティブ」から中小企業を力強くサポートします

社内イメージ写真当社の設立コンセプトは、クリエイティブという側面から「中小企業」をサポートすることです。クライアントには上場企業もありますが、10名以下のお客様も多いですし、社長1人の企業さんもあります。また、当社にご依頼いただいた後に、上場されたお客様もいらっしゃいます。
中小企業にとって「印刷物」は何かと頭を悩ませるところ。「印刷物」「広報物」を作ろうとするとき、どうしても数的理論で損なポジションにあります。大手のように莫大な予算を投じて、質も、ページ数も、部数も、ダイナミックなツールで営業展開を図るということは難しいです。ですが、そこであきらめないで、ほんのちょっとだけでもツールが格好よければそれを使う社員も自信を持って配布できます。社員の皆さんが持つプライドも少しは変わってくるものです。
世の中まだまだ明るい未来が見えませんが、クライアントとともに成長をめざしていきたいと考えています。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

デザインはもちろんコピー制作(文章原稿執筆)も社内スタッフで

文章執筆イメージ写真メインコンテンツとなるのは「企画」「コピー(文章)」「デザイン」、そして「写真」です。アドスミスは、「デザインオフィス」「デザイン会社」とは違い、コピーライターもデザイナーも社内に擁する「総合制作プロダクション」です。当社でお作りするパンフレットやホームページは、一部の専門的なものを除いて、すべて社内で文章作成を行っております。見出しや本文をきちんと書きたい。ちなみに社長は1980年代からパンフレットを作っている、この道25年以上のディレクター兼コピーライターです。文章をご発注頂くことのメリットとしましては、とにかく外部の人間が客観的に書く点にあります。自社のことはなかなか宣伝しづらいですし、どの程度自慢していいのか、程度がわからないものです。あれもこれも掲載しておきたい、とばかり、いろいろ載せすぎると今度はポイントがぼけてしまい、なかなかダイレクトに相手に伝わりません。そこで、外部の第三者としてのコピーライターの感覚が役に立つことになるわけです。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

もはや定番、フォルダータイプのパンフレット

ポケットフォルダー(タトウ)イメージ写真最近は「ポケットフォルダー」のお問い合せが急増しています。ポケットが付いたオリジナルフォルダーにリーフレットを差し込むスタイルのパンフレットで、カタログ、会社案内、あるいは複合的に、と用途も広く、ここ数年でオリジナルのフォルダーを発注されるお客様が非常に増えました。通常の中綴じ製本のパンフレットと比べて、どちらがいいということはなく、双方にメリット・デメリットがあります。このフォルダー、実はオリジナルで作ると、非常に高くつきます。というのも、展開図を作成して、金属の抜き型を製造して、1枚1枚型抜きをしていくからです。また、厚紙を使いますので、印刷機の速度を落とさなければならなかったり、濃い色のべた塗り等は2回印刷機に通したり、と、なんだかんだと手がかかります。当社では、フォルダーとしてはリーズナブルに作れる抜き型も用意していますので、費用など、お気軽にお問い合せください。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

会社案内作成は、ある程度じっくり、ある程度素早く。

社内委員会イメージ写真「会社案内」は、あっと言う間に作れるるものではありません。いろいろなクライアントのパンフレットを作成してきましたが、簡単なものでも1ヶ月程度の時間が必要です。これは会社案内が、ページ構成をしっかり考えないといけないメディアだからです。  雑誌広告1ページなら、1ページ分だけの企画で済みます。デザインも、コピーライティングも1ページ分です。ところが二つ折りの会社案内でも、理念や、事業内容、商品紹介、会社概要という具合に、ページネーションをきちんと企画しなければなりません。ある程度じっくり、ある程度素早く、バランスよく、というのが当社のモットーです。 どちらのクライアント様でも、パンフづくりの専任者を社内に置くことが難しいので、総務部、管理部、営業部などの代表が外注先との窓口になるわけですが、これ本業もやりながらの話ですから非常に大変です。できれば「委員会」のようなものを立ち上げて、週1回〜月2回程度のミーティングの場を設けていただき、計画的に進めていただけるといろいろな作業がスムーズになります。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

ページネーションならお任せください

企画構成ミーティング「カタログを作りたいけれど、どんなページを入れたらいいのかわからない」「社長の挨拶って入れた方がいいのかかなあ、他はあまり入れてないみだいし」「顧客向けにはどんな情報が有益なのだろうか、他社さんのサンプルを見てみたい」など。これらは会社案内を制作される際に、クライアントの担当者様が必ず悩むところです。  そもそもどこまで社内で準備すればいいのか、どこから制作会社がやってくれるのか、というのはなかなか判断がむずかしいところです。パンフレットの企画構成からお任せいただければ、すべて当社よりページ構成をご提案します。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

印刷のコストダウン対策もご相談ください

印刷コストダウンの調査質はそのままでコスト削減を実現するのに大切なのは、単に「安く」ではなく、「最適化」を図ることです。例えば、大型の印刷機しか所有していない印刷工場にA4リーフレット1枚100部の印刷を頼んでも安くはできません。いくら叩いても限界があります。強引に値切る人の仕事なぞ、誰が喜んで丁寧にやるでしょうか。逆に小型印刷機専門の中小印刷会社に分厚いカタログを何万部も発注しても、非効率で納期・予算とも莫大なものになってしまいます。「帯に短し襷に長し」でなく最適な発注を実現することです。当社では、それまで他社に発注されていた2色刷のカタログを、同じお値段でカラーで作成した実績もあります。ホームページやサーバー費用などについてもご相談ください。  また、Officeで作成されたデータの「デザインブラッシュアップと印刷」のみの発注、Adobe Illustratorで作成されたファイルの「ファイルチェックとデザインブラッシュアップ、印刷」のみの発注にも対応しています。アプリケーションやバージョンについてはお問い合せください。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

カタログ制作、リクルート案内制作、その他の印刷物も

制作ディレクターイメージ会社設立から10年以上が過ぎましたが、その間お客様のご要望にお応えして、実にいろいろなものを作成してきました。カタログなどのパンフレットのほか、一緒に使うレターヘッドや封筒、名刺なども付帯サービスとして手がけています。  最も頭を悩ませたのが「バッジ」でした。そのほか、「社員証」や、「横断幕」、「看板」、スポーツ選手のウエアーに付ける広告なんかも作成しました。会社で使われるものなら、パンフレットやホームページ以外にもできる限り幅広く応えていきたいと考えています。 ※一部、カタログ等のパンフレット制作をご発注いただいたお客様のみのサービスとさせていただく場合があります。
もっと見る 最初に戻る

制作ディレクターの取り留めのない話

東京中心ではありますが、遠方のクライアントさんもいます

オフィスイメージ新宿区にオフィスを構えており、東京23区のお客様が中心となっていますが、実は関東圏からさらに広がっています。最も遠いお客様は、北海道函館市、次が福岡県です。とにかく今は、Skypeという便利なシステムがありますので、距離や時間を気にせず、インタビューが可能です。デザインなどの校正はPDFをメール添付でお送りして、チェックしていただくという形で、距離的な問題はもちろん、出張がちな担当者さまにとっても便利な時代になったといえるでしょう。
最初に戻る