会社パンフレット作成、カタログ、ホームページ制作

編集制作プロダクション・アドスミスジャパン(田中彰)
TEL

女性クリエイターが働きやすい環境

1.これまでにどんな仕事を担当しましたか?
M.K. 企画制作部 グラフィックデザイナー兼クリエイティブディレクター 多摩美術大学卒 進学塾さんの入塾案内、ソフトウエア会社さんの会社案内、調剤薬局チェーンさんのリクルート案内、あとは建設コンサルタントさんのパンフレットや電子ファイルなどです。最近は、ホームページやロゴデザインなども経験していまして、やる気があれば、どんどんチャレンジさせてくれます。

2.アドスミスジャパンの魅力はどのあたりですか?
決めつけたモノの考え方がなく、何かにつけて柔軟なところでしょうか。女性メンバー3名とも既婚者で、正社員、アルバイト、パート、とさまざまなスタイルで働いています。結婚してからも長く仕事を続けていける会社です。

3.今後の目標を教えてください。
ホームページの経験がまだ浅いので、ウェブデザインはもちろん、コーディングやウェブプログラミングのほうのスキルも身につけていきたいです。

6年勤続後、結婚、退職を経て、パートとして復帰

これまでどんな仕事を担当しましたか?
Y.Y. 企画制作部 グラフィックデザイナー 日本デザイナー学院卒 最初はグラフィックデザインから入って、パンフレットやリーフレット、ポスターなどのデザインを担当。数年後から、ホームページも担当するようになりました。その後、結婚して一旦退職したのですが、縁あってパートという形で復帰しました。今は、第一線でデザインというよりは、他のデザイナー、ディレクターのサポートという感じで働いています。

今までで一番記憶に残っている仕事は何ですか?
新人時代に経験した美容用はさみのメーカーさんのカタログでしょうか。締め切りが近づいてもなかなか商品が出来上がってこず、撮影から入稿まで1週間ぐらいのタイトな仕事でしたが、なんとか仕上げたことで自信がつきました。その前、岐阜の工場の取材・撮影に一緒に連れて行ってもらっていまして、何かと中身の濃い仕事でした。

アドスミスジャパンの魅力はどのあたりですか?
残業もありますし、仕事も楽ではないのですが、意外なことに時間的な融通が利く点ですね。勤務時間中必ず会社にいなくてはいけないというわけではなく、支障がない範囲で「タイムシフト」が使えます。用事を済ませてから出社して夜にシフトしたり、出社日をずらしたり、というのが可能で、主婦にとってはありがたい限りです。